マーガリンクッキー

簡単に作れてしかもサクッとした歯ざわり、バターに比べてマーガリンが安いため節約レシピとしても有名なマーガリンクッキー

妊娠中は食べ物に気を使い、おやつもなるべく手作りのものをと考える妊婦さんは多いと思います。しかし、気をつけていただきたいのはマーガリンに含まれるトランス脂肪酸です。脂肪酸にはシス型とトランス型の2種類があり、天然に存在する脂肪酸であるシス形は体内で代謝されます。一方でトランス型は人工的に作られており体内で代謝されにくいとされています。

諸外国ではトランス脂肪酸が体に与える危険性について研究が進んでおりアメリカやカナダでは使用禁止の運動が起きたり、デンマークにおいては使用が規制されています。

妊娠中にトランス脂肪酸を多量に摂取すると生まれてくる赤ちゃんはアトピー性皮膚炎になりやすいとのことです。トランス脂肪酸を多く含んだ食品はマーガリンだけでなくショートニングも代表的なものとされています。マーガリンはバターの代用品、ショートニングはラードの代用品として安価に作られたお菓子にはほとんど含まれています。また安価につくられた市販のパンにも多く使われているようです。少し食べたからといって必ず悪くなるというものではありませんが、妊娠中は特に控えたほうがいいと思います。

妊娠中にクッキー食べるなら妊娠期に必要な葉酸を補給できる葉酸クッキーがお勧めですね、特にローズマダムの葉酸クッキーは高い評価です。覚えておきましょう。

トランスファットフリーショートニング

トランスファットフリーショートニングに注目です。マーガリンでは選別の際に重要な要素となるトランス脂肪酸を含んでいないという事で売上上昇です。



トランス脂肪酸はショートニングやマーガリンを固形化する水素添加で発生しますが、アメリカでは含有量の表示が義務付けられているので消費者は結構チェックする項目となっています。

ショートニングはパン作りに使う方が多いですね、ホームベーカリーでパンを焼く際にバターの代わりに使うと安いのとトランスファットフリーで安心です。

クッキーもバターと半々程度に置き換えて使用するとサクサクに焼きあがるのでGOODです。是非試して欲しいですね。

とりあえず、売れ筋のトランスファットフリーショートニングの詳細を紹介するのでチェックしてみて下さい。

>>トランスファットフリーショートニングをチェック

マーガリンの比較方法

マーガリンを比較する際に最も重要なのは、やはり味という事になるでしょう。マーガリンという性質を考えるとバターに近い味わいを基準とするのが本筋でしょう。

美味しいという要素プラス「口どけ」「香り」といった要素を評価の基準にしてマーガリンを判定してみようと思います。後は最近の傾向を受けて「健康への配慮」も検討要素としてみましょう。マーガリンの有害性を問われる昨今ですから・・・

美味しいとか美味しくないというのは、個人的要素が大きいですが、できるだけ口コミサイトとか教えてgooとかの評価を参考にしてみます。ちなみにとあるサイトでは帝国ホテルのマーガリンが最高に美味しいとの評価がありましたが、市販されていないので除外です。

とりあえずラーマとかネオソフトとかのメジャー商品を中心に次回から評価を掲載します。
http://wakearigoods.sitemix.jp/

あいうえお経済
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。